医学部受験は何歳まで?まわりを見ていて30代や40代の人も入学してくる

医学部受験は何歳まで?
私は私立大学の医学部に通学しています。医学部は予想以上に大変だということ以外にも、キャンパスライフはイメージと異なることも多いです。たとえば、まわりは色々な年齢層の人がいます。

大学なのですから、大学院生、助教、講師、准教授、教授……と、さまざまな年齢や立場の人がいて当たり前なのですが、私がここで触れたいのは、私と同じ大学生にも、いろいろな年齢層の人がいるということです。聴講生などではなく、本当に大学生です。これは、もしかすると医学部に特別なことなのかもしれません。

医学部には、30代や40代の人もいて、医師を目指しています。医学部に入る前は何をしていたのかというと、高校や大学を出て社会人として働いていたわけです。その仕事をやめてまで、もう一度医学部に入ってきたという人たちは、自分たちのように学生上がりとは違い、やはり肝も据わっていて、解剖やポリクリなどでもどっしりしている人が多い気がします。

30代・40代で医学部を再受験し、医者になろうという人は、並大抵の覚悟ではありません。学部だけで6年、その後一人前になるまでを考えると10年以上かかる職業です。

医学部受験は何歳まで可能なのでしょうか?受験資格に年齢制限が無い大学なら、理論上は何歳まででも受験できます。ですが、面接がある場合は面接で年齢がネックになることもあります。もし社会人のみなさんが医学部再受験をお考えなら、できればせめて20代のうちに再受験したほうがおすすめです。また、ペーパーテスト一本で合否が決まる医学部や大学を選ぶのがおすすめです。